• 公開日:2018.05.17

おまとめローンのおすすめランキング3選!低金利で一本化できる借り換えローンとは

おまとめローンのおすすめランキング3選!低金利で一本化できる借り換えローンとは

なんだかんだと様々な事情があって借金を重ねてしまい、最終的に首が回らない状況になってしまっているという時には救いの手としておまとめローンというものを検討すると良いでしょう。

このおまとめローンというのは低金利で現在の借金を一本化できるローンを指します。

今回はおまとめローンあるいは借り換えローンとはどのようなものか、そして、そのメリットとデメリットさらに、おすすめのおまとめローンランキングをご紹介していきます。

おまとめローンって何?

おまとめローンって何?

まず、疑問として「おまとめローンって何?」というものがあるのではないでしょうか。

このおまとめローンというのは読んで字の如し借金をまとめる商品です。

例えば消費者金融のAから100万円を借りていて、さらに、カードローンのBクレジットから50万円を借りていて、信販会社のCファイナンスから150万円を借りている場合、現時点での借金の合計は300万円です。

そして、この300万円を毎月利子を入れて返して行くとなると、かなりの金額になってしまい現在の家計を圧迫しているという状況にもなりかねません。

このような状況になってしまうと家計がうまく回っていかないという事態が発生してしまいます。

このような事態を解消するために、国の方でも法律で総量規制の例外として認めている借入がおまとめローン、というわけです。

ちなみに、こちらのおまとめローンは総量規制の対象外の例外商品ですので、年収の1/3以上の借り入れもできてしまうというのが特徴です。

おまとめローンがおすすめな理由

おまとめローンがどういったものかについては、わかりましたが、それでも「なぜおすすめなのか」イマイチまだ分からないという方も多くいらっしゃることでしょう。

ここではおまとめローンがなぜこんなにもお勧めできるものなのかについてご紹介をしていきます。

金利が低くなる

金利が低くなる

まず、一番にお勧めできる内容として、何よりも金利が低くなるというメリットがあります。

おまとめローンというのは多重債務者を救済する目的で作られた性質のローン商品ですので、特に利息を取ることを一番の目的にしているわけではありません。

原則的に例えば最初のような状況であれば、3つの会社から借金をしている場合、その金利というのはかなり高額になっていることが予想されます。

そして3つの会社それぞれが金利が高い状況であることも容易に想像がつきます。

利息制限法の兼ね合いで、ある一定の金額まで借金の額が一社あたり大きくなると、一年の間に発生しても良い利息の額というのは減るのですが、今回の場合は、比較的小さい額を複数の会社から借りていますので、それぞれの会社がフルMAXの利息を徴収できる状態にあるということです。

こうなってしまうと合計の300万円に対してとんでもない金利がかかっていることになります。

これを避けるためにもおまとめローンに申し込むべきなのです。

おまとめローンに申し込むと300万円で1つの借金ということになりますので、それだけ借金の金利が下がり、毎月の支払い額がガクンと落ちる、というわけです。

返済額が減る

金利が低くなるという項目でもご紹介してきましたが、基本的に、おまとめローンに申し込むと毎月の返済額が減少ということになります。

毎月の返済額は減少するということは、それだけ家計に余裕ができるということになります。

わずかな余裕でも今後何とか頑張っていこうというモチベーションの維持、あるいは様々な生活の立て直し資金に蓄積していき、使うことができるようになりますよね。

これらの生活立て直しのためのわずかな資金を上手に使うことによって、立派に経済的更生をできるケースも十分に考えられる、というわけです。

いずれにしても現時点では首が回らないということであれば、このおまとめローンに申し込んで現時点での返済額を少しでも減らす、ということが一番やらなければならないことではないでしょうか。

返済社数が減る

さらに返済の回数が減るというメリットがあります。

例えば毎月3つの会社にお金を返し続けている場合、最低でも毎月3回ほど返済日がやってきます。

それに対してほとんどの場合は、お給料日というのは月に1回あるいはそれ以外にも様々な収入があったとしても、毎月3回も返済日があってはうまく家計を回していくことはできないというケースがほとんどではないでしょうか。

これをおまとめローン一本にすることによって、毎月返済する会社が3社から1社になり、つまり原則的に返済の回数は毎月1回だけになります。

毎月1回になるということは返済日が3回あった時に比べて精神的な余裕も大きくなりますし、さらに腰を据えて資金計画を練ることができるようになるわけです。

とにかく、毎月の借金の返済日が迫ってくるにつれて精神的に疲弊しているということであれば、その精神的負担を軽減することから始めるべきです。

そのためにもまずは、現時点で複数の会社からお金を借りている場合にはおまとめローンに申し込んで返済の回数を月1回に固定してしまいましょう。

おまとめローンの注意点

それでは、ここからはおまとめローンを申し込んで利用したりすることについての注意点について、ご紹介していきます。

問題ない業者に申し込めば良いのですが、おまとめローンにはなかなかそうもいかない事情があります。

街金は要注意

まず、おまとめローンというのは原則的に大手信販会社、消費者金融会社が行っているようなものではなく、基本的には地域に根ざした営業スタイルを取る比較的小さな会社が行なっていることが多く見られます。

そのため場合によっては、街金と呼ばれるような地域に根ざしたタイプの消費者金融がおまとめローンの営業を行っていることがあります。

しかし、これらの業者にお願いをするのは大変危険です。

というのも、街金というのは原則的に貸金業登録をしていれば良いのですが、ほとんど闇金スレスレのような形で貸金業登録は持っているだけで、取り立てや金利については違法なものだったというケースが見られます。

そんな業者の中で、さらに、おまとめローンについても特段の許可や認可を受けずに営業しているケースが見られ、こういった場合には思わぬトラブルに巻き込まれたり、いわれのない脅迫を受けてしまう可能性があります。

おまとめローンという商品は貸す側にとっても、利息を低くするながらも、元々貸し付ける金額が多くなることから結局儲けになると考えるところが多く、そして、困ってる人の救済というようなアピールをすることができることからも、詐欺業者が目をつけることが多い商材のひとつです。

そのため、おまとめローンと言っておきながらも実際は単なる証書貸付で、高額な貸付になるケースもあり、そういった場合にはほとんど詐欺ということになりますので注意が必要です。

また、一般的な街金業者がおまとめローンの業者を紹介しますよ!

といった形で仲介料などを請求してくるケースもありますが、これについても、ほぼ100%詐欺と思って頂いて構いません。

仲介料を支払ったうえで審査に落とされてしまったということもありますし、場合によってはそういった業者自体がそもそも存在せず、仲介料だけ取られてハイ、おしまいというケースも考えなくてはなりません。

そうなってしまうと、ただでさえお金に困っているのに、さらにそこからお金を取られてしまうことになりますので、注意しておきたいところです。

おまとめローンの審査に通過するコツ

それでは、このおまとめローンの審査に通過するコツにはどのようなものがあるのでしょうか。

おまとめローンは通常のカードローンの審査とは若干異なる性質のものですので、気をつけるべきポイントも通常のカードローンの時とは若干異なります。

銀行系カードローンは選ばない

まず、銀行系カードローンは選ばないというのが何よりものコツになります。

というのも、銀行系カードローンというのは何かと審査が厳しいことで知られています。おまとめローン都市銀行カードローンを選んだ場合、傍目から見るとものすごい借入をしている状態でいきなり高額な借り入れをしようとしているというふうにしか見えません。

そうなってしまうと結局のところ審査に通過できる確率が低くなってしまい、そして、審査に落ちてしまったという実績が残るのと今後他社で借入を行うにあたって不利に働くこともあります。

そのため、銀行系カードローンは選ばずに大手消費者金融を選ぶようにしましょう。

大手の消費者金融を選ぶ

大手消費者金融でもおまとめローンやそれに類似する商品を展開しているところが多くなってきました。

いわゆる地域に根ざしているような小さな街金だったり銀行だったり、そういったところにおまとめローンの審査は申し込んでしまうとどうしても審査が厳しかったり、先ほどご紹介したようなそもそも審査がないにもかかわらず審査料や仲介料を取られてしまうような憂き目に遭ってしまう可能性もあります。

その点を考えるのであれば、大手消費者金融は最初からこういったお客さんをターゲットにしてきちんと適切な事業展開をしていますので、審査にも通過しやすく、それでいておまとめローンという法律に守られた状態で貸付を受けることもできる、というわけです。

総量規制例外貸付を利用する

先ほどから何度か法律に守られてお金を借りることができるというような表現を使用しておりますが、これは総量規制例外貸付ということを指します。

総量規制というのはご存知の通り年収の1/3以上の借り入れができないという法的な規制ですが、おまとめローンについては、顧客に一方的有利な貸付という項目において総量規制の例外として規定されています。

つまりそういう規制というのはそもそもお金を借りすぎることで、借りた人が困ってしまうことを最初から防ぐという水際対策的な決め事なのですが、おまとめローンについては「借金を何とか減らしていこう」という明確な意思が見える状態で行う融資ということで、加えて金利も下がりやすいということですから、これは顧客に一方的に有利な貸付になります。

こういった事情から、おまとめローンは総量規制の範囲に含めなくてもよい、というわけです。

ちなみに、この総量規制例外貸付というのは貸金業法に基づくおまとめローンなどの商品名がついていますので、おまとめローンを申し込む時にはこれを目安にして業者を選ぶと良いでしょう。

おまとめローンに積極的なカードローンを選ぶ

おまとめローンに積極的なカードローンと、積極的ではない貸金業者が存在することは、もうお分かりですね。

とはいえ、銀行などについては、最近時代の潮流ということもありますが、おまとめローンには消極的ですし、そもそも一般のユーザーにお金を貸し付けること自体に最近は特に消極的だったりもします。

そういった部分に申し込みを行っていても最初から相性が悪いわけですから、審査に通過できる確率
はとても低く、また、条件も色良いものではないケースがほとんどです。

そこでまずは、おまとめローンに積極的なカードローンを選ぶ、というのが業者選びの第一手てとなります。

今回はおまとめローンに積極的なカードローンについても、この後でご紹介していますので、こういった業者の中からおまとめローンを選ぶとよろしいのではないでしょうか。

申し込み時に借入社数と金額を正しく入力する

人間誰しも、自分をよく見せたいという心理を持ちます。

さらに、借金をしている人については、借り入れの件数と金額を比較的低く申告する傾向にあります。

これは借り入れをする時、誰しもがやってしまいがちなことなのですが、借り入れの会社数と金額を低く入力したり、正しくないものを入力するというのは、審査上ほぼ一発で審査落ちになってしまうケースもあるほど重大な行為です。

というのも、お金の貸し借りというのはやはり信用取引ですから、この時点で借り入れを隠して申し込んでくる人については、会社側もリスクがあるので貸したくない、というのが当然の考えです。

ちなみに、借り入れをどのくらい行っていて何社ぐらい取引があるのか、という部分については、個人信用情報を確認するとほとんど100%の確率でバレてしまいますので、最初からこういった虚偽の申告をするのはほとんど意味がなく、そればかりか悪い印象しか与えません。

一度に複数社申し込みしない

また、一度に複数の会社に同時に申し込みをしないという鉄則もあります。

よく、何か依頼をする時には相見積もりをかけるという習慣がある方もいらっしゃるかと思いますが、お金の貸し借り特、特におまとめローンなど比較的高額な申し込みについては、相見積もりのようなイメージで複数の会社に申し込みを行うというのは絶対に行ってはなりません。

詳細については、この次の項目で詳しくご紹介をしていきますが、まずはひとつの会社に申し込みを行い、審査結果が出た時に色良い結果が出なかった場合にはじめて次の業者に依頼をかけるというようなイメージで行きましょう。

申し込みブラック

一度に複数の会社に申し込みをしてはならない、というような解説をしたところではありますが、これはひとえに申し込みブラックという状況になってしまうことを防ぐ目的があります。

申し込みブラックというのは一度におよそ3つから3つの会社に連続して借り入れを申し込む行為をさします。

ちなみに、申し込みブラック状態というのは正式には、極めて短い期間の間に4社以上の申し込み着歴があった場合で、さらにそのほとんどで審査落ち状態になっている場合を指し、それ以降については、どの会社も一律で審査に落としてしまうという現象を指します。

ものすごくシンプルに言うと3人も4人も借金を断られているような人に、お金を貸してと頼まれた金融業者側が、事情も聞かずに落としてしまうということです。

自社で審査を行うよりも3つも4つも同業の会社が申し込みを断っているわけですから、それほど確かなデータはないということですね。

このような状況になってしまうと、どんなに事情を説明してもおまとめローンを通過することは難しくなってしまいますので、一度に複数の申し込みをしたりせず、一社一社申し込みしていくようにしたいところです。

ちなみに、申し込みブラックの状態は最後の申し込み日からおよそ半年程度で情報が消えることになりますので、申し込みブラックの状態になってしまったという場合には、半年程度の時間を空けてから再度チャレンジするようにするとよろしいでしょう。

返済までに余裕を持って審査申し込みする

そして、審査の申し込みというのは早ければ早い方がいいという事実があります。

というのも、返済というのはおまとめローンを組む前には月に何度も何度もやってくるような性質のものです。

そのため次の返済までに余裕がない状態で申し込みをしてしまうと、結局審査のやり取りなどで時間がかかってしまい、想定した日付にお金が借りられないとなると大惨事になってしまいます。

そのため次の返済までに出来る限り余裕をもって、もっと簡単に言うと今すぐにでもおまとめローンの審査お申込みをするというのが必要です。

おまとめローンについては、即日融資が可能ではないケースがほとんどですので、出来る限り今すぐ申し込みをした方が良い、というわけですね。

おすすめのおまとめローン3選

それでは、ここからはおまとめローンを申し込むのにふさわしいローン会社3つについて、ご紹介していきます。
どれも大手消費者金融が展開しているおまとめローンとなりますので、安心して申し込みが可能です。

アイフル

アイフル

まず、初めにご紹介していくのはアイフルによるおまとめローンです。

アイフルはもともと様々なローン商品を展開していることでも知られていますが、その商品の中におまとめローンというものがあります。

正式な商品名を「貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン おまとめMAX」と言います。

アイフルのおまとめMAXについては、限度額は1万円から800万円まで、貸付利率は3.0%から17.5%の実質年率で申し込みをすることができるようになっており、借りたお金の用途については、アイフル及び他社の借入金の借り換えに限定されています。

当然のことですが、おまとめローンと言ってお金を借りておきつつも、自分の遊興費や生活費などにお金を使うというのは言語道断です。

もちろん貸金業法に基づくおまとめローンですので、総量規制の対象にはなりません。

そのため「現時点で借り換えをしてしまっては年収の1/3以上の借り入れになってしまう・・・!」という方でも安心して申し込みが可能です。

また、アイフルについては、申込者に代わって各貸金業者に代理で返済をしてくれるケースもあります。

この場合は、貸付金は自分の手には渡らず、直接借り換えという形で他の業者に渡ることになります。

モビット

モビット

続いても人気のおまとめローンについてご紹介していきます。

SMBCモビットではその利用限度額の上限の高さから、おまとめローンとして申し込みを行う人が多いという特徴があります。

SMBCモビットのカードローンについては、借りたお金をどのような用途に使っても問題ないという、いわゆる使途不問と言う契約になりますので、借り換えなどに使っても問題はないということです。

例えば現時点において消費者金融数社からお金を小さく小さく借りているという場合には、モビットで大きく借入を行い、そして、一本化してしまうという方法があります。

これにより毎月かかっている返済の総額を減らすことができ、経済的に建て直す時にすることができる、というわけですね。

アコム

アコム

消費者金融のアコムでおまとめローンの申し込みをすることも可能です。

アコムといえば老舗消費者金融で、最近は三菱UFJフィナンシャルグループの一員となりました。

アコムでは貸金業法に基づく借換え専用ローンということでおまとめローン専用の商品を用意しています。

申し込みを行う時には通常通りWebから申し込みを行い、オペレーターさんから連絡が来た段階でおまとめローンの方に申し込みをしたいと伝えると、審査を切り替えてもらうことが可能となっています。

貸付の金額は1万円から300万円、実質年率については7.7%から18.0%までということで好条件で切り替えが可能なケースがほとんどです。

このアコムのおまとめローンについては、貸金業法に基づくおまとめローンとして認定されていますので、総量規制の対象にはなりません。

おまとめローンのQ&A

それでは、ここからはをおまとめローンによくあるご質問についてご回答をしていきます。

おまとめローンは通常のカードローンとは性質が異なることがありますので、ここで気になる疑問点については、解決するようにしてください。

おまとめローンで即日融資は可能?

まず最初のご質問ですが、おまとめローンで即日融資は可能なのかという部分です。

おまとめローンというのは原則的に借り入れの金額も大きくなる傾向にありますし、現在どの会社のところから借り入れを行っているかというヒアリングも必要になります。

そのため原則としては即日融資は難しいという答えになってしまいます。

ただし、今回ご紹介しているアコムやアイフルなどについては、即日融資でおまとめローンに対応してもらうことができるケースもありますし、モビットに至っては通常のカードローン契約となりますので、即日融資は十分に可能です。

つまりその日のうちにお金を借り入れて、そのお金で他の業者にきちんと返済をしてしまうということも可能なわけですね。

審査の甘いおまとめローンはどこ?

よく聞かれる内容として審査の甘いおまとめローンはどこというものがあります。

これについては、おそらく現在の借入や返済状況的に個人信用情報に若干自信が無い方のご質問かと思いますが、原則的にどこのおまとめローンが審査が甘い、どこのおまとめローンの審査が特に厳しいというのは一概には言えません。

というのも、審査が甘いというのはそれだけ借入の状況と相性が良いということであり、審査が厳しいということはその会社との相性があまり良くない状況であるということになるからです。

その上でお答えをするのであれば、個人信用情報的に少し難しい部分があるかもしれないということであれば、消費者金融系のおまとめローンで、かつ、借り換え専用ということで看板を掲げているアコムやアイフルのおまとめローンなどに申し込みをするとよろしいでしょう。

そして、審査がこれで甘くなる、というわけではありませんが、審査をスムーズに進めるためにきちんと現在の借入額や状況について正直に申告をするということ、そして、収入証明などは求められなくても先に自分から提示するくらいの勢いで行くと審査がスムーズに進みやすくなります。

この収入証明の提出のあるなしによって審査の結果が変わってくるケースもありますので、用意できるものについては、出来る限り直ぐに用意するようにしたほうがよろしいでしょう。

主婦でもおまとめローンはできる?

最後のご質問です。

主婦でもおまとめローンは可能なのかという部分です。

こちらについては、専業主婦の方でもお借り入れが可能というケースもありますが、ほとんどの場合は安定した収入を持っていることが条件になってきます。

そのため主婦の傍で何かアルバイトやパートなどされているという場合に、ほとんどおまとめローンの申し込みは可能と言ってよろしいでしょう。

まとめ

まとめ

通常のカードローンと似ているようで実は違う性質のおまとめローンについてご紹介をしてきました。

このおまとめローンは現在の借金を一本化することで毎月の返済額や返済回数を減らし、そこから生まれる余裕から経済的な立て直しを図ることができます。そのため、総量規制の例外にも認定されている借入方法であるということがわかりました。

低金利で一本化することができるということは、それだけ毎月出て行くお金が減るということですので、今回ご紹介したようなおすすめのおまとめローン業者から借金の一本化についてご相談されていくとよろしいでしょう。