深海2017-DEEP OCEAN- 深海2017-DEEP OCEAN-

もっと深く。

みどころ紹介

POINT3超深海

深海の中でも6000mより深いところは「超深海」と呼ばれます。超深海は、奈落の底ですから、食べるものが少ない貧しい場所と思われていました。しかし、超深海では、海底のがけ崩れなどによってもたらされた栄養を使う独自の生命圏の姿が見えはじめました。
深海の中でもより過酷な極限環境に生きる生物の、驚くべき生態を紹介します。

  • ©JAMSTEC

    最も深い地点で記録された“カイコウオオソコエビ”

    世界最深部に、動物は極々わずかしかいません。その一つがカイコウオオソコエビです。エビという名前がついていますが、ヨコエビという甲殻類の仲間です。
    魚の切り身を置くとたくさん集まってきます。また、沈んできた木を分解できる能力もあるようです。